抑えておきたいネクタイの色と柄

  • 抑えておきたいネクタイの色と柄

    • 大生のスーツは形にバリエーションが少なく、またビジネスシーンで使うとなれば色も限定的になるので、個性やオシャレ感を演出するのであればネクタイ選びがとても重要になってきます。中でも色と柄はネクタイを選ぶ際の重要なポイントとなりますが、数ある色が柄がどのような印象を与えるのか理解してから選んだ方が良いでしょう。


      まずはネクタイの色が与える周囲への印象ですが、赤系はパワフルで情熱的な印象を与えられるカラーで、大事な会議や商談などで使うと良いです。
      また、暗くなるにつれて落ち着いた印象になります。次に日本のビジネスシーンで最も使われることが多い色が青や紺系です。
      落ち着いた雰囲気と知的なイメージが仕事をする上でもとても相性が良く、濃くなると落ち着いていって明るくなると爽やかな印象になります。

      ネクタイ情報をご紹介いたします。

      黄色系は元気さと明るさを演出できるのでポジティブな印象を周囲に醸し出すことができます。
      また、コミュニケーションを円滑にする効果もあると言われています。



      ただしカジュアルな印象も強くなるので金融業界など堅い業界では控えた方が良いです。



      続いて柄ですが、柄も印象を大きく変えることができるポイントで、例えばドット柄は爽やかな印象にすることができて、春や夏場に使うと涼しげな印象を作ることができます。
      日本の和服でも使われる小紋柄が誠実な印象を与えますが、模様が大きいとカジュアルな印象になって小さいとクラシックになるのでシーンに合わせて選ぶと良いでしょう。
      この他にも無地はありとあらゆるシーンに合わせることが可能だし、チェック柄はカジュアルで親しみある印象を与えるのでアパレル系の職業には適しています。

      大切なことは自分の職業や周囲に与えたい印象から色や柄を選ぶことです。


  • 初心者向きネクタイ

    • 社会人になりスーツを着用し会社に行くようになると当然ネクタイが必要になってきます。クールビズの期間などにはノージャケットと同じように着用をしなくてもいい会社があります。...

  • ネクタイコラム

    • ドレスシャツというと、タキシードなどの正式な礼服にコーディネートするシルク製のシャツのことを指していましたが、現代ではワイシャツ全般の総称として使用されることが多いようです。スーツの下に合わせるシャツが良質であれば、その人を好印象に見せる効果が期待でき、ビジネスシーンでも影響力を持っているといっても過言ではありません。...

  • ネクタイの意外な真実

    • ドレスシャツを着こなしたいと思っていても、なんとなく着てしまうだけでほかの人のコーディネートを見ながら羨ましく思ってしまうのではないでしょうか。ネクタイと合わせて着用するので余計に難しく考えてしまいがちです。...

  • 人に言いたいネクタイ

    • 素敵なドレスシャツを購入できれば思わず笑顔になってしまいますが、その一方でお手入れが難しいと苦笑させられたりするのもよくある事です。洗濯後に何となく縮んでいるように見えたり、着心地も違ってくるように感じることも少なからずあります。...

top